nozokimi
第三者委員会という言葉を聞いたことはありますか。
社外取締役や社外監査役という言葉を聞いたことがありますか。
「第三者」、「社外」、外部からの目が内部に入ってくる。


なぜこんな発想をするのでしょう。疑問に思いませんか。

STAP細胞ってあるのかな?

STAP細胞に関する一連の問題。気になっています。
この問題では、理化学研究所の笹井芳樹副センター長が自殺するなどショッキングな事態も発生しています。
でも、私が一番気になるのは、STAP細胞があるのか?ということでも、笹井芳樹副センター長がなんで自殺したのか?でもありません。「なぜこんな問題が起きたのか」が一番気になります。

外部有識者で構成される第三者委員会が設置され、理化学研究所に対して、提言をしています。

また、STAP細胞が存在するのか否かについて、検証実験が行われています。過日の中間報告では、STAP細胞の存在を再現することができていない状況が報告されています。
別の検証実験には、渦中の小保方さんも参加しています。

一体、何があったのでしょう。問題が絡み合っていて、何を議論しているのか分かりにくいと感じます。どのような視点で整理して、この問題を考えたらいいでしょうか。

次のような視点で分けてみました。
①STAP細胞は存在するのか
②論文が撤回されるに至った理由とその原因
・研究不正の有無
・理化学研究所の組織的な問題
③再発防止への取り組み

①は本来は次元の異なる問題だと思います。
論文が撤回された以上、STAP細胞は存在していないという前提になります。
論文で発表された方法以外も含めて今後STAP細胞というものが存在するかを科学的に探求していく場面だと思います。
期限が区切られていることからすると、純粋な研究の側面は限りなく小さいものと思います。

検証実験がされていますが、論文で発表された方法でSTAP細胞が作れるかという点の検証は、②論文が撤回されるに至った理由とその原因を追求する場面ではないかと思います。
研究不正が故意であったかに関わる側面があるため、小保方氏も参加することになっているのだと考えています。

そこに、理化学研究所の組織的な問題が絡み合ってきます。既に第三者委員会からの提言も出されていて、理化学研究所では組織改革に着手し始めています。

確かにスピードは大事です。しかし、組織改革は、再発防止を目的とするものです。
現段階で、再発防止策は具体的に決められるのでしょうか。
一連の報道からしか推測できませんが、①、②、③が一挙に勧められている感がします。こんなに難しそうな問題で、一挙にスピード解決することができるのであれば、それはとてつもない紛争処理能力ですから、大変興味があります。

再発防止策

また書きますが、医療事故事件に取り組む中で、「医療機関のミスを探すのではなく、どうしたら医療事故が防げたかを考える」という視点を得ました。この視点で考えるには、カルテ、患者からの聞き取り等から詳細な事実経過を調べ上げる必要があります。その上で医学の知識を考慮しながら、どうしたら医療事故は防げたかを考えるのです。

今回のSTAP細胞の問題であれば、①STAP細胞が存在するかという問題とは全く別の次元で、②事実関係の詳細な調査が必要です。理化学研究所の内部調査結果によってどこまで詳細な事実関係が明らかになっているのでしょうか。十分な調査がなされているでしょうか。
それがなされていなければ、再発防止策など作れるはずがありません。

第三者の目が光る!

そこで登場するのが第三者委員会です。理化学研究所の内部調査結果を精査したり、独自に調査をしたりして、詳細な事実関係の調査を行います。それに基づいて、委員会として理化学研究所に提言をするのです。
全てが上手く機能しているとすれば、理化学研究所による内部調査、第三者委員会による外部的な調査の結果を前提に、「なぜこのような問題が起きたのか」(問題の原因)が明らかとなり、「どうしたらこのような問題が二度と起きないようにできるか」(再発防止策)が作られることになります。
全てが上手く機能していることを期待します。

そして、全く別の次元の問題として、STAP細胞の研究に成果が上がることを期待したいです。

最初から最後まで自分で責任をもつ

第三者の目を入れるという行為は、紛争処理の方法、結果についての信用性を上げるものです。
「自分たちだけで勝手に処理していません。第三者にも見てもらっています。」
でも、最終的な責任は当然自分にあります。
ですから、理化学研究所のみなさんが、今回のことを自分のこととして受け止めて、必至に「どうしてこんな問題が起きたんだ」と考えて答えを出さない限り、問題は解決しません。

気になる報道があったら考えてみよう

気になる事件が報道されていて興味があれば、視点を整理して、報道内容を分類してみると良いと思います。
頭がスッキリして、見えなかったところが見えてくるかもしれません。
報道を自分の頭で整理したり考えたりする作業をしないで、そのまま鵜呑みにしたり、そのまま批判したり、もったいないと思います。